避難訓練を行いました。

友だち追加
お問い合わせはこちら

避難訓練を行いました。

避難訓練を行いました。

2021/03/06

避難訓練を行いました。

発達支援ルームみんなの木のスタッフです。

 

今年は、東日本大震災から10年を迎える年ですね。



 

私は、震災発生当時、高校1年生でした。



 

連日のテレビの報道に日々怯える毎日。



 

これが、自分の住んでいる、「同じ日本」で起こっていることなのか。



 

画面越しではなかなか信じられなかったのをよく覚えています。



 

そんな私は、縁あって、大学生の時に宮城県に行く機会がありました。



 

最初に降り立ったのは仙台駅。駅周辺の商業施設は、自分の身近な京都駅を思わせる雰囲気で、「5年でこんなにも復興が進んでいるんだ」というのが第一印象でした。

 

後の話で、仙台駅周辺は、揺れは大きかったものの、復興は比較的早かったと聞きました。



 

しかし、その後、仙台駅から遠ざかるにつれて、「これが本当に同じ宮城県なの?」と思う光景を見ました。



 

石巻市立大川小学校。




 

校舎、グラウンド、近くの山。全ての時が止まっているように見えました。





 

私は被災はしていないですが、東日本大震災を通して見てきたことを、震災後に生まれた子ども達に、できるだけ伝える必要があると思っています。



 

だから、あえて今回の避難訓練では、地震による被害を写真で見てもらったり、本物の緊急地震速報の音を聞いてもらいました。

 

怖がる子もいましたが、災害に遭って、何もできないのが一番こわい。

 

普段から両手いっぱいに荷物を持っている子にも、災害時に、それがどれだけ危険かを知ってもらいました。



 

日本という国に住んでいる限り、地震からは逃れることができません。

 

いざという時に、自分を、自分の周りの人を守れるように。訓練は何度してもし足りないとさえ感じます。



 

みんな、今回はだれもふざけることなく、真剣に避難訓練をしてくれました。




 

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。