障がいのお持ちのお子様へ理解を深められるよう高島市での発達支援の傍ら記事を執筆

友だち追加
お問い合わせはこちら

ブログ

障がいに関する前提知識や具体例などを記事でご紹介

どのようにしたらお子様の個性が輝くのかについても執筆します

お子様がなぜ集団生活に馴染めないのか、自分の育て方が悪かったのだろうかと、ご自分を責めてしまうご家族様も中にはいらっしゃいますが原因は接し方ではございません。
あくまで障がいに起因するものであるため、まずはご自身を責める必要がないことをご理解いただくため、障がいに関する知識が深められるような記事を執筆いたします。ご自身を責めずにお子様と向き合うことによって、お子様をありのままに理解するきっかけにもなり得ます。

発達支援ルームみんなの木の児童指導員です。 みんなのねが、何やらゴールデンウィーク明けに新プロジェクトを始められるそうで。 コツコツ準備を頑張っておられます!楽しみですね! さて、春休み…

発達支援ルームみんなの木の児童指導員です。 私ごとですが、最近電子ピアノを購入しまして。 仕事から帰って、コツコツ練習しています。 生まれてこのかた、これと言った趣味なし人間。 長い間続く…

発達支援ルームみんなの木です。 みんなの木は、おかげさまで4周年を迎えました。 これも一重に、施設を信頼し、お子様を預けてくださる保護者の方々。 毎日元気に来てくれる利用者の皆様のおかげで…

発達支援ルームみんなの木のスタッフです。突然ですが、みなさんは「スケジュール帳」を使っていますか? 私事ですが、大学在学時は、バイト3つに体育会系の部活もしていたので、頭の中で毎日のスケジュ…

発達支援ルームみんなの木では、春から中学生になる子達がいます。残り少ない小学校生活、来所してからの貴重な時間は、中学校の数学、英語を少しずつ進めています。 中学校の数学、初めの範囲は絶対値…

~私事ですが~ お久しぶりです。相変わらず毎日大食いの娘とゲーマー息子と2人の子供とバトルを繰り広げているみんなのねのスタッフ、Rです。まさかの肉離れ3日目、松葉杖をつきながらのこのブログで…

発達支援ルームみんなの木のスタッフです。今年は、東日本大震災から10年を迎える年ですね。 私は、震災発生当時、高校1年生でした。 連日のテレビの報道に日々怯える毎日。 これが、自分の住んでいる…

今月のおもちゃ会議も、佳境に入ってきました。前回のおもちゃ会議の終わりに、「次は今まで司会をしたことがない人にお願いしようかな」と言うと、数人が震え上がっていました。 聞くと、高学年になっ…

2021年になった時から、晴雨表をつけ始めました。もちろん、大人がつけるのではなく、子どもにお任せしています。いつも頼りになる4年生の男の子。学習が終わると元気よく外に駆け出していきますが、晴雨…

発達障がいや知的障がいという個性を持ったお子様と向き合っていくにあたって大切なのは、専門知識で障がいへの理解を深めつつも、いかに専門知識に頼り過ぎず目の前のお子様を見ることができるかといったところです。
矛盾しているように感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、まずは障がいを持っているお子様がどのようなことが苦手でどのようなことが得意なのか、知識レベルで理解を深める必要があるのです。その上で、目の前のお子様はどのような傾向があるのか、先入観をゼロにした状態で向き合っていくことで、次第とお子様への理解も深まります。専門知識ではできないとされていることも、繰り返し練習してできるようになるケースもあるなど、思いもよらないところで素晴らしい才能を発揮することもございます。このように一人ひとりによって障がいの程度も十人十色なため、ありのままのお子様に向き合うためのノウハウなどを執筆してまいります。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。