障がいのお持ちのお子様へ理解を深められるよう高島市での発達支援の傍ら記事を執筆

友だち追加
お問い合わせはこちら

ブログ

障がいに関する前提知識や具体例などを記事でご紹介

どのようにしたらお子様の個性が輝くのかについても執筆します

お子様がなぜ集団生活に馴染めないのか、自分の育て方が悪かったのだろうかと、ご自分を責めてしまうご家族様も中にはいらっしゃいますが原因は接し方ではございません。
あくまで障がいに起因するものであるため、まずはご自身を責める必要がないことをご理解いただくため、障がいに関する知識が深められるような記事を執筆いたします。ご自身を責めずにお子様と向き合うことによって、お子様をありのままに理解するきっかけにもなり得ます。

発達支援ルームみんなの木では、調理実習一つ一つに対してもそれぞれ目的、目標を設定し、継続することで子どもたちのさまざまな成長を見つけてきました。 まず、みんなの木の最強の強みは「自分たちの畑…

こんにちは。高島市にある放課後等デイサービスみんなのねの磯野です。子どもたちが自己肯定感をもちながら過ごしていくにはどうすればいいでしょう?私たちが支援をしている中で大切にしていることがあ…

みんなの木では、今までいろいろな目標や目的を持って本当にたくさんのところに外出に行きました。例えば・・・ 動物とふれあい、最後まで責任を持って育てることの大切さを学んだ湖南市の動物愛護センタ…

忘れる

2020/10/24

高島市の放課後等デイサービスのみんなの木で働くスタッフです。 大学の時は、英語の教員免許を取得するために教職課程を履修していました。教育学を学ぶ上でかならず一度は名前を聞く、「エビングハウス…

みんなのね、みんなの木がずっと続けてきた大切な行事があります。それは毎週水曜日のトランポリンです。スポーツ少年団のコーチの元で、大きな競技用トランポリンを使って行っています。 トランポリンは…

みんなのねでは、「動」と「静」にメリハリをつけた活動をしています。「動」がアクセル、「静」がブレーキ。自動車を身体に例えて考えてみましょう。 発達障害のある子は、アクセルの微調整が苦手で一気…

忘れる。

2020/10/10

高島市の放課後等デイサービスみんなの木で働くスタッフです。大学の時は、英語の教員免許を取得するために教職課程を履修していました。教育学を学ぶ上でかならず一度は名前を聞く、「エビングハウスの…

9月は高島市内の学校で運動会や体育祭、文化祭の学校行事が開催されましたが、新型コロナウイルスの影響で観覧の数が少なく寂しい感じもしましたが子ども達の元気に取り組む姿が見られた事はとても嬉しく…

F板金

2020/10/07

みなさんこんにちは。車好きの…なんやらです。過ごしやすい日が増えてきましたね。天気の良い日は窓を全開にして、エンジンの音や排気音などを聞きながらドライブ…最高ですよね!でも花粉症でくしゃみ連…

この題名にそこのお母さま…。反応しましたね我が家にも、何も言わなければ永遠にゲームをやっている息子がいます。前回のブログでご報告通りゲームを禁止しSwitch、iPad,携帯をクローゼットに隠していま…

発達障がいや知的障がいという個性を持ったお子様と向き合っていくにあたって大切なのは、専門知識で障がいへの理解を深めつつも、いかに専門知識に頼り過ぎず目の前のお子様を見ることができるかといったところです。
矛盾しているように感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、まずは障がいを持っているお子様がどのようなことが苦手でどのようなことが得意なのか、知識レベルで理解を深める必要があるのです。その上で、目の前のお子様はどのような傾向があるのか、先入観をゼロにした状態で向き合っていくことで、次第とお子様への理解も深まります。専門知識ではできないとされていることも、繰り返し練習してできるようになるケースもあるなど、思いもよらないところで素晴らしい才能を発揮することもございます。このように一人ひとりによって障がいの程度も十人十色なため、ありのままのお子様に向き合うためのノウハウなどを執筆してまいります。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。